• 2024年 6月 25日

寒い日の猫のケア

スポンサーリンク

北半球に冬が到来すると、気温が下がり、人間と同じように、猫のライフスタイルが変わります。寒さはさまざまな形で猫の健康に悪影響を及ぼすことがありますが、幸いなことに、これらの影響を緩和するための対策があります。

スポンサーリンク

最善の方法は室内飼い

冬に外で過ごすことが多い猫は、低い気温、風、雪または氷の組み合わせによって、低体温や凍傷にかかりやすくなります。これらの問題を避ける最善の方法は、常に猫を室内に置くことです。
屋内で保管することが出来ない猫は、寒さ、風、雨から避難所を提供することです。専用の避難所や屋内に適した寝具(新聞紙、布、干し草は避けて、わらが良い)食べ物、水を用意してあげることです。水が凍結するのを防止する対策(浅い陶器製のボウルではなく、厚めのプラスティック製のボウルを使用した太陽熱温水器)を行い、可能であれば、体の熱が奪われないように、避難所を冷たい地面から持ち上げて高くすることです。また、猫は冬に体を温かく保つために、カロリーをもっと燃やすことを理解することは重要です。体重を減らさないようにするために、温かい天候の月よりも、少し多めにご飯を与えてあげてください。

猫にとって自動車は危険

考えなければならないもう一つの問題は、寒い日は自動車が猫を危険にさらすかもしれないということです。車のエンジンが熱を生み出だし、外にいる猫は、絶えず温かさを求めているのです。猫は車とタイヤの隙間やエンジンルームに温かさを求めて入り込み、車の持ち主が知らずに車を発進させ、猫が怪我をすることがあります。車を走らせる前に、エンジン室で暖をtっている猫をすばやく追い出すために、車と車体の隙間をチェックしたり、クラクションを鳴らしてみたり、ボンネットをバンとたたくなどしてみるのも良い方法でしょう。

まとめ

最後に、凍結防止剤を含む車は、猫が摂取すると非常に有毒で、その味が猫にとって魅力的なので、危険にさらしてしまいます。このリスクを最小限にするには、すべての不凍液剤を猫が届かないように保管し、こぼしたものはすばやく掃除をしてください。

これらの簡単な手順を行うことで、猫が寒い季節をより良く過ごせるようになるでしょう。

スポンサーリンク

Leave A Comment