• 2024年 6月 25日

絶滅への道:アフリカのライオンは氷河期に猫様動物を滅ぼした時と同じ脅威に直面

スポンサーリンク

作 ナイア・カルロス 2017年5月11日 6:13AM

ライオンはアフリカの光景にある一部でありますが、それは間もなく突然終わってしまう可能性があります。氷河期の最後に起きた7匹の大きな猫の絶滅と、とても良く似た危険が起きています。今日、アフリカのライオンとスンダウンピョウがその絶滅危機に直面しています。

スポンサーリンク

サセックス大学の報告によると、研究者らは、氷河期時代の大型猫の絶滅傾向が、現代種の個体群に適用できるのかどうかを分析しました。彼らは氷河期からの7頭の大きな猫の絶滅を研究しました。4頭の異なる剣歯トラ、洞窟ライオン、アメリカンライオン、そして、アメリカンチーターです。彼らの好みだった餌となる種の小さな塊だけがまだ存在することを発見したのです。

具体的には、獲物種の25%だけがまだ猫がいる環境の中に住んでいますが、ほとんどすでに絶滅しています。圧倒的な獲物の損失は、それが大きな猫の絶滅の主要な鍵である可能性があることを示唆しています。

残念ながら、大型猫の生息地での獲物が手に入る可能性は最近の大きな問題であり続けています。
今現在大きな猫により、自然の中で脅かされたり、衰退している獲物が突然消滅した場合、アフリカライオンには獲物種が39%しか残されていません。スンダウンピョウは37%しかないでしょう。

「この共同研究所は、もし主な大型猫の獲物がこのようなペースで減少し続ければ、ライオン、スンダウンピョウ、トラ、チーターを含めた大型猫は絶滅するリスクが高いのです。」とサセックス大学のクリス・サンドムは言います。「獲物種がある場所、あるいは絶滅になりそうなところでは、大型猫の種を深刻な危険にさらし、これが最後の氷河期に始まった不幸な傾向の続きであることになると理解しています。」

この研究は、サセックス大学、オックスフォード大学野生動物保護研究ユニット、オーフス大学、ゴートボーグ大学の研究者によって行われました。

スポンサーリンク

Leave A Comment