• 2017年 6月 25日

日本犬、甲斐犬の特徴

スポンサーリンク

近年では日本犬は日本だけでなく海外でも人気がある犬種です。柴犬はもちろんのこと秋田犬、紀州犬、甲斐犬など様々な犬種がいます。
ここではその中でも甲斐犬についてご紹介します。甲斐犬とはどんな犬なのか、どんな特徴があるのかなど調べました。

スポンサーリンク


甲斐犬とは?

甲斐犬とは山梨県原産の日本犬です。昭和4年に発見され、昭和6年には「甲斐日本犬愛護会」が創立されました。南アルプス市付近に群れ暮らしていた虎毛で立ち耳の犬を「甲斐犬」と命名しました。
昭和9年に天然記念物の指定を受けました。

甲斐犬はどんな犬?甲斐犬の特徴

肉厚で少し大きめの三角形の耳と、巻いてある尾、がっしりとした身体が特徴的な犬です。毛色は黒虎毛、中虎毛、赤虎毛の3種類に分かれていて、舌の色が青黒い犬が多くいます。
身体の大きさは中型犬に分類され、平均体高はオス47~53cm、メス42~48cmです。
甲斐犬には「鹿型」と「猪型」の2種類のタイプがあり、鹿型はすっきりとした体型で猪型はずんぐりした体型をしています。
毛質はダブルコートで換毛期の時期以外は週に2,3回のブラッシング程度で問題ありません。定期的なシャンプーは必要になりますが、カットなどのトリミングは必要ないので管理しやすい毛質です。

甲斐犬の性格・性質

甲斐犬は狩猟犬として昔から活躍していた犬種で非常に気象が強く、一人の主順に生涯仕えるという忠犬です。
猟犬自体に岩山の上を駆けていたことから身体は頑丈で、イノシシなどを狩るために選択繁殖されていた犬種です。十分な運動量を必要とし、さらに跳躍力もあることから2m以上の柵を用意しましょう。
あまりほかの犬との相性は良くないことが多く、ドッグランなどは注意が必要です。
非常に気が強い犬種なため、しっかりしつけをしないと問題行動を引き起こす可能性があります。飼い主と認められるよう、訓練を行いながら信頼関係を築いていきましょう。

甲斐犬特有の病気や寿命

甲斐犬の平均寿命は約12~16年といわれており、中型犬の中では長命犬種です。
猟犬の質を保つため選択繁殖していたため遺伝病も少ない犬種です。
しかし、アレルギー性皮膚炎はなりやすいため、皮膚を清潔に保ち、食事内容などに気を付けましょう。

甲斐犬の販売価格

甲斐犬の販売価格はブリーダーさんにより差はありますが、だいたい10~20万程度です。甲斐犬はペットショップなどで販売されるのはめったにない犬種です。ペットショップに相談するか、ブリーダーを探しましょう。

ここでは甲斐犬についてご紹介しました。
もともと狩猟犬として猪を狩るときに活躍していた犬種なだけに、警戒心も強く、勇敢で、壇上な身体を持っています。

その反面忠誠心も強く、急に他の飼い主に譲渡などされると慣れるまで時間がかかってしまう事もある様です。

甲斐犬を飼育するときはしっかりしつけや訓練を行い、一生涯飼育してあげましょう。

関連記事

超高級キャットフード10選

日本犬の犬種、すべて知っていますか?(秋田犬、甲斐犬、紀州犬編)

トップ・アイキャッチ画像引用元:photoAC shimashimaさんより

スポンサーリンク