• 2018年 7月 22日

沖縄の猫島!竹富島の詳細

スポンサーリンク

猫島という島を聞いたことはありますか?

近年テレビなどでも取り上げられることが多くなった猫島ですが、実際猫島とはなんなのか?気になりますよね。

ここでは沖縄の猫島、「竹富島」についてお話します。

スポンサーリンク

沖縄の竹富島とは?どんな場所にあるの?

沖縄の猫島と呼ばれる「竹富島(たけとみじま)」は八重山列島にある島の一つです。

座標がが北緯24度19分47秒、東緯124度05分12秒に位置し、面積が5.34㎢です。

石垣島から南に約6㎞にあり、石垣港から高速船で10分程度で到着します。

沖縄の竹富島はサンゴ礁の隆起などによりできた低島で、楕円形になっています。

海水浴などで利用する人が多いですが、サンゴ礁も有名なのでダイビング利用者も多くこの島に足を運んでいます。

竹富島の町は3つの集落からできていて、1987年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

人口は365人(2016年7月現在)で、戸数は165戸(2015年10月27日現在)です。

竹富島の文化財として国指定の旧与那国家住宅、西桟橋があり、史跡なども数多く存在しているので観光スポットとしても有名です。

名所や自然面では西表石垣国立公園、海水浴場のコンドイ浜、星砂の浜のカイジ浜、水牛が引く牛車に乗り街並みをめぐることのできる水牛車サービスなどもあります。

島外との交通では八重島観光フェリーがあり、石垣島から約10分、30分おきに運行しています。

猫に会うには「コンドイビーチ」

※画像引用元:PhotoAC クロネコさん。 由華。より

猫に会うにはコンドイビーチという海水浴場に行きましょう。

浜には餌を待つ猫達がじゃれあった姿や浜でだらだらする姿などを堪能することができます。

あまりに暑い日などでは涼しい場所に避難しているため、会う回数は少なくなるようですが、探せば日陰などで涼んでいる猫達に会えるかもしれません。

竹富島の猫達は、黒や黒白など猫が多く、黒や白系のカラーがメインのようです。

黒猫ファンには堪りません。

竹富島・猫島の猫の餌は?問題点は?

竹富島にすんでいる猫達の餌は猫好きな人が与えたり、観光客が与えているようです。

島には餌がたくさんあるわけではないので猫に与えられた餌をカラスなどの鳥たちと取り合う姿も見られます。

こういった猫島と呼ばれる島には捨てられた猫がいる事も問題になっています。

観光客がその場に置いていってしまう事もあるようです。

猫島とニュースやテレビで取り上げられ、猫が好きな人たちには楽園としてもてはやされていますが、裏には猫を捨てていく心ない飼い主もいます。

猫島だけでに限りませんが、猫を飼育するのであれば最後まで責任を持って飼育しましょう。

さいごに

猫島と呼ばれる沖縄の竹富島。

猫がリラックスしてる姿やじゃれあう姿をみることができ、猫が好きな人には堪らない場所です。

猫をただ楽しむだけでなく、観光スポットも豊富にあるため、観光しながら猫と過ごせます。

竹富島の歴史や伝統的な建造物などを見ながら、観光を楽しんでみましょう。

 

関連記事

猫島情報!香川県佐柳島特集!

全国猫島特集!!

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 竹富島の街を練り歩くネコ 丸岡ジョー

スポンサーリンク