• 2018年 7月 22日

【猫好き必見!】ノルウェージャンフォレストキャットの性格や飼う際の注意点

スポンサーリンク

毛が長くおっとりとした性格の猫が多い「ノルウェージャンフォレストキャット」。

長毛の猫が好きな人にはたまらない猫さんですよね。

猫が苦手な人にも優しい性格のイメージのノルウェージャンフォレストキャットは最適な猫に思いますが、実際のところの性格や飼う際の注意点などを調べてみました。

イメージどおりなのか、それともイメージを覆してしまうのかご紹介いたします。

スポンサーリンク

ノルウェージャンフォレストキャットとは?

ノルウェージャンフォレストキャットとはノルウェー原産の長毛種の猫です。

ノルウェージャンフォレストキャットは北欧神話で女神フレイアのそりを引いていたという伝説があるため北欧の知名度はとても高いです。

祖先は約4000年前の南ヨーロッパに住んでいた短毛種であった説とバイキングがトルコから持ち帰った猫が住み着いた説があるようです。

寒いノルウェーを生き残るため長毛で大きめな猫、成長していきました。

1975年に繁殖者によりノルウェージャンフォレストキャットの猫種クラブが設立されて、1977年にヨーロッパで品種登録されたそうです。

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴

ノルウェージャンフォレストキャットは他の猫より大きめで全体的にシャープですが、たくましい体つきをしている長毛種です。

ダブルコートの長い毛に囲まれているので見た目では分かりにくいですが、筋肉質でがっしりしていて、尾は長いです。

体重はオス4.5~7.0kg、メス3.5~5.5kgで、オスの方がメスよりさらに筋肉質です。

ノルウェージャンフォレストキャットはアメリカ系とヨーロッパ系の2つの系統があります。

アメリカ系は線が細めで可愛らしく、ヨーロッパ系はがっしりとしています。

ノルウェージャンフォレストキャットの性格は穏やかで賢いです。

がまん強く他の猫や動物とも仲良く過ごすことができます。

穏やかな半面活発な性格で、キャットタワーや木登りなどを積極的に登りに行きます。

ノルウェージャンフォレストキャットの飼う際の注意点

ノルウェージャンフォレストキャットは大型の猫なのでクレートなどの購入の際は成猫時の大きさを想定して大きめのものを購入しましょう。

日常のケアではブラッシングも一日一回、シャンプーも定期的に行うようにしましょう。

全身筋肉質なのでキャットタワーなどを設置ししっかり運動できるようにしましょう。

さらに食事に関しても高品質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

ノルウェージャンフォレストキャットのかかりやすい病気

ノルウェージャンフォレストキャットのかかりやすい病気は少ないようです。

肥大性真菌症や糖尿病などがあげられるそうですが、ノルウェージャンフォレストキャットは丈夫な猫なので肥満などに気をつけ規則正しい生活を送るよう心がけてあげれば、比較的健康に過ごすことができます。

さいごに

ここではノルウェージャンフォレストキャットの性格や飼う際の注意点などをお話しました。

比較的穏やかで飼育しやすいノルウェージャンフォレストキャットですが、長毛で大きめな猫なので日常的なブラッシングやシャンプーなどのケアや運動などを取り入れる必要があります。

飼育する際には猫の性格などを考慮し、最後まで飼育できるかを吟味してからにしましょうね。

関連記事

猫おもしろ動画10選

猫がオッドアイになる原因、確率は?

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 北海 太郎さんより

スポンサーリンク