• 2017年 6月 25日

猫を飼うとこれだけメリットがある。

スポンサーリンク

昨今のネコブームの影響からか、イヌよりもネコの飼育頭数が増え、ペットとしての人気に拍車をかけているネコ。もちろんデメリットもありますが、これだけ人気を集めるのは、やはりメリットが多いのが理由でしょう。今回はネコを飼うメリットについて探ってみましょう。

スポンサーリンク


癒し

ネコを飼うことのメリットと言えば、なんといっても「癒し」でしょう。そのあどけないしぐさや気ままな行動が、どれだけ疲れた現代人の「癒し」になっていることか計り知れません。この「癒し」は、こんな効果も得られるようです。

・ 孤独感から解放される
・ 恋人と一緒にいる時と同じ幸福感を与えてくれる
・ 愛情、感情が豊かになる

勝手気ままなネコですが、時に“ごろにゃ〜ん”と甘えてくれたり、帰りを待ちわびていたかのように玄関先でお出迎えしてくれたり。まるで大好きな人と一緒にラブラブ生活を送っているような、そんな気持ちになれると思います。一人暮らしでのネコ飼いさんが多いのも納得ですね。

健康効果

「癒し」は、幸福ホルモンと言われるオキシトシンの分泌量を増やしてくれることで、健康効果も与えてくれているようです。

・ 体温が上昇し、免疫力が高まる
・ 血圧が安定する
・ 自閉症の助けになる
・ 心臓発作や脳卒中などでの死亡リスクを軽減する

アメリカのミネソタ大学では約4千人を10年間にわたり追跡調査し、ネコを飼っている人はそうでない人と比べて、心臓発作の発症率が約30%少ないことを判明させてそうです。

他にも、ネコとのふれあいとオキシトシンの分泌に関しては実際に研究・実証され、アニマルセラピーなどとして医療現場でも用いられているようです。

飼育が楽

ネコを飼っている人は既に実感されていると思いますが、ネコの飼育はイヌと比較するとずっとラクだと思います。毎日お散歩に行く必要もないし、お風呂も頻繁に入れる必要がありません。トイレのしつけも数回で覚えてしまうネコが多いです。飼い主さんのちょっとした旅行中のお留守番だって出来ちゃいます。とはいえ、壁で爪を研いでしまうこともあるので、最低限のしつけは必要です。

現代社会においては、イヌよりも生涯かかるお金が少ないこと、イヌよりも狭いスペースでも飼育可能なことも、ネコを飼う人が増えているメリットになっているようです。手間がかからないことから、高齢者のネコ飼いも増えているようです。

責任感が増す

当たり前かもしれませんが、ネコに限らず生き物を飼うことで“命を預かる”責任感が増します。

こどもの頃に動物を飼ったほうがいい、という話があります。命の尊さを学ぶために、親が言葉で説明するよりも、自然に理解するために必要なことだからかもしれません。

こどものアレルギーを軽減させる

1歳になるまでにネコと触れ合って育ったこどもは、ペットアレルギー以外にも花粉やハウスダストなどのアレルギー全般を発症しにくくなる、とアメリカの国立衛生研究所が発表しています。ただ、生まれつき動物アレルギーを持っている場合もあるので、注意は必要です。

虫退治にも活躍

外出可能なネコちゃんが、セミやバッタを捕まえるお話は聞いたことがあると思いますが、完全室内飼いのネコちゃんでも、なにかしら虫退治をしてくれます。

ネコちゃんを飼い始めてからゴキブリを見かけなくなった、という体験談も。ただ、退治した虫を飼い主さんのところへ持ってくることもあるので、人によってはデメリットかも?

「ネコを飼うメリット」について探ってみましたが、いかがでしたか?

ネコ好きが語る、ネコを飼うメリットなので若干のひいき目があるかもしれませんが、ネコを飼おうか検討中の方は是非参考にしてみて下さいね。

関連記事:

猫の免疫力を最大限高めるサプリメント5選!!

なぜ猫はかわいいのか!?その理由は・・・。

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 雨のち時々いつか晴れさんより

スポンサーリンク