• 2017年 10月 19日

猫の尻尾の状態で感情を理解しよう!

スポンサーリンク

猫をよく観察すると尻尾の動きが違うことに気づくことはありませんか?

犬は表情や声などで感情がわかりやすいですが、猫はわかりにくく、今どんな気持ちなのかは猫を飼育していない人にはわかりにくいことですよね。

ここでは猫の尻尾の状態で、今どんな気持ちなのかをご紹介します。今こんな感情なんだと理解することができるだけでもその猫との絆も深まりやすくなるので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク


尻尾をフリフリしている

犬ではこの動作は嬉しい時などのポジティブな感情の時に見られる動作で、猫もフリフリしていると嬉しいのかな~と思いがちですが、猫にとってこと動作は闘争心の表れです。

大きく早く左右に振っている時はイライラしている時ですので、構ったりせず気持ちが落ち着くまで放っておいてあげましょう。

尻尾をピンとまっすぐ上に立てる

野良猫がピンと尻尾を立てて歩いている姿を見たことはありませんか?

堂々と歩いていて、ルンルンしているようにも見えますよね。

この尻尾の動きは嬉しい時や甘えたい時などに見られます。

ごはんをあげる時や遊んであげる時間や猫が幸せに感じている時に見られる姿です。

尻尾の毛を逆立て太く見せる

毛を逆立てることにより身体をより大きく見せ、威嚇している状態です。

この威嚇の後にすぐに攻撃にも入れるよう背中を丸くし、耳を後ろに向けて、やや前傾姿勢になります。

尻尾だけが太くなっている状態は何かに驚いたり、恐怖を感じた時などです。

この猫の気持ちを感じ取るためには、猫の表情や全身の様子なども確認するといいでしょう。

抱っこしいる時に尻尾を早く動かす

抱っこしている時に尻尾を揺らす姿はよく見かける光景ではないでしょうか。

尻尾を早く動かしている時は早く解放してほしいと思っていたり、少しイライラしている時に見られます。

この状態のまま抱っこしていると、猫がさらに嫌がり甘噛みしてくるかもしれません。

抱っこしている時に尻尾をゆっくり動かす

抱っこしている時にゆっくり尻尾を動かす場合は、ご機嫌な時です。

安心して抱っこされているため、リラックスしています。

中にはそのまま寝てしまう猫もいます。この仕草が見れると飼い主もうれしいですね。

尻尾を足の間に入れる

尻尾を足の間に入れる仕草は恐怖を感じ怯えている状態です。

この仕草は犬と一緒です。猫がこういう仕草をしている時はできるだけ猫が感じている恐怖を取り除いてあげましょう。

尻尾をゆっくり大きく揺らす

猫の尻尾をゆっくり揺らしている時は、ご機嫌でリラックスしています。

おもちゃで遊ぶ時などにじっとおもちゃを見つめ、尻尾を大きく揺らしている姿をよく見かけられます。

座っている時に尻尾をパタパタしている

おすわりをした状態で尻尾をパタパタしているときは、ご機嫌で、次は何をしようかな~ポジティブに考えている状態です。

窓から外を見ながらこういう動きをしている時は脱走をしようと思っている時かもしれませんよ。

まとめ

猫の尻尾の動きからわかる感情についてご紹介しました。

猫の動きは犬と異なり、ゆっくり動かすとご機嫌、早く動かすと不機嫌よりな感情を持っているようです。

猫も人間と同じで感情があります。これから何をしようか、と考え尻尾を振ります。

猫の尻尾を見ながら何を考えているのか、考えながら猫と一緒に過ごすのも楽しそうですね。

関連記事

犬は、人間の言葉がわかっているの!?

愛犬のかわいい仕草5選!!

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 霞さんより

スポンサーリンク