• 2018年 7月 22日

失踪した犬が10年後に戻ってきた。

スポンサーリンク

10年前に失踪した犬が戻ってきた?

そんな映画のような話があります。

もう、どこかで亡くなっているかもな・・・。

もしくは他の人のところで元気に暮らしてくれていれば・・・。

なんて考えるでしょう。

そこに突如として飼っていた犬が現れました!!

スポンサーリンク

以下翻訳文です。

失踪した犬が10年後に戻ってきた。

家族は彼女がどこにいたのか、不思議がっています。

デブラ・スービルドは2008年にいなくなった黒ラブラドールのアビーがいなくなった時とても悲しみました。

作 ゾーイ・フォルシー 社会聴衆作家
2018年2月3日

ペットの飼い主にとって、大好きな毛むくじゃらの友人に一生会えないと考えるということは、とても悲しく考えるだけでも落ち込んでしまいます。

彼らは家族の一員であり、彼ら無しの生活は、同じものではなくなってしまうのです。

デブラ・スービルドさんも例外ではなく、彼女の黒ラブラドールも2008年に失踪し、悲しみました。

彼女は、出来る限りのことはしましたが、完全にいなくなってしまったのです。

最悪の事を考えはじめ、追悼の意を表しました。

しかし10年後のある日、12歳のアビーが、10マイル離れたペンシルベニア州のアポロにある、ジョージ・スぺーリングさんのポーチに現れました。

彼はアレングハニー・バリーの動物保護団体に連れて行き、マイクロチップをスキャンしてもらい、デブラさんに連絡をとりました。

彼女は‘トリビューン・レビュー’に「なんて言ったらいいのか、わかりませんでした。‘なんて素晴らしい事なんだ’という感じでした」

「彼女は生き返ったのかと思い、私たちは彼女を悼みました。」

「アビーの歓迎ホームパーティを計画している家族ですが、過去10年間どこにいたのかについて奇妙な理論を持っているのです。」とCBSは報告しています。

たぶんアビーは目撃者保護計画を企て、隠れていたら時間が経ってしまったのだと、デブラは冗談をいいました。

彼女がどこにいたとしても、誰かがアビーをよく見ていて、彼女は幸せで健康な犬です。

だから、だれも彼女がどこにいたのかわかりませんが、私たちは、愛するアビーが安全に戻って来てくれてとても嬉しく思っています。

Mirror紙元記事⇒Missing dog returns home after ten years – but family have bizarre theory about where she’s been

 

関連記事

「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある?

サーカスで野生動物禁止!?スコットランドがイギリスで初めとなる法案を制定。

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 海辺のあひるより

スポンサーリンク