• 2018年 11月 20日

花火とペット「独立記念日の7月4日にペットを安心させるためには。」

スポンサーリンク

日本では関係ありませんが、アメリカ合衆国では7月4日が独立記念日です。

お祝いのために花火を上げたりします。

World Animal Newsでは打ち上がる花火でペットがストレスを受けている可能性について言及しています。

人間の都合で動物のバランスを崩しているのならば問題です。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

作 ギン・アンドリュー

2016年7月4日

知っていますか?

多くの動物は花火の視覚と音に非常に驚いてストレスを感じます。

全国のアニマル・コントロール職員は、毎年7月4日から6日にペットの行方不明が30~60%増加がみられます。

7月5日はシェルターで一年で一番忙しい日になるのです。

どうやってペットを安全に保ち、7月4日の休暇のストレスを軽減することが出来るのでしょうか?

1) フェスティバルが開催されている間に、後退するためにペットが“安心できる空間”を作ってあげる。

2) 静かな音楽を流し、家の外の音を遮断する。

3) もしペットが緊張してる行動を始めたら、遊んだりやおやつでペットの気を散らします。

4) あなたの連絡先が載ってる最新IDタグがあることを確かめてください。

ペットがハッピーな、休日を!

World Animal News元記事⇒Fireworks and Pets: Easing Your Pet’s 4th of July Stress

Fireworks and Pets: Easing Your Pet’s 4th of July Stress

 

関連記事

サーカスで野生動物禁止!?スコットランドがイギリスで初めとなる法案を制定。

マンハッタンにある猫の収容所でインフルエンザが大発生

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 星宮りりより

スポンサーリンク