• 2018年 7月 22日

サーカスで野生動物禁止!?スコットランドがイギリスで初めとなる法案を制定。

スポンサーリンク

サーカスを見たことある人もいると思いますが、サーカスにはあらゆる意見があります。

動物虐待みたいで可哀想・・・人間に言われるがままの姿を見るのは違和感がある・・・等。

World Animal Newsではイギリスのスコットランドで「サーカスでの野生動物を禁止する」法案が通ったことを報じています。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

作 ワールド・アニマル・ニュース

2018年5月29日

イギリスの動物福祉を改善するため、トラベルサーカスでの野生動物の使用禁止が2018年5月28日にスコットランドで発効されました。

スコットランドのトラベル・サーカスの野生動物禁止の法案は、倫理的理由から、動物とその自然行動の尊重を反映し、同地において、トラベルサーカスの野生動物の使用を禁止するものです。

この法律はイギリスにおいて、初めて禁止されたもので、スコットランドは世界の36か国では同じような制限を設けてるうちの一つの国となりました。

「この法案は、トラベルサーカスでの野生動物を禁止し、現在道徳的に受け入れられないと考えられいます。」と環境・気候変動・土地改革の内閣官房のロザンナ・カニングハムは言います。

「これらの措置は、スコットランドにおける動物福祉の基準を改善するために慎重に設計されています。」とカニングハムは続けました。この国は動物愛国であり、このような問題を非常に真剣に受け止めている国なのです。

スコットランドがこの変化を受け入れる際、ワンカインド、国際動物愛護、ボーンフリー機構、捕獲動物保護協会が、娯楽の目的で野生動物を使用することに関連する多くの福祉問題と懸念についての意識を高めることに役立ちました。

日曜日のボーンフリー機構で、動物福祉、ケアの重役であるクリス・ドレイパーは、スコットランドの政府が「トラベルサーカスでの古い習慣である野生動物の使用を禁止する」動きについて賞賛しました。
国際動物愛護の会長であるジャン・クリーマーはイングランドとウェールズにも「時代遅れの行為を禁止するため、第一歩を踏み出そう」と呼び掛けています。

ワールド・アニマル・ニュースは、古い習慣のトラバルサーカスを禁止したスコットランド政府を称賛し、そして、世界にいるすべての動物の福祉のための前向きな改革に光を当て続けたいと思います。

世界中のすべての国で、サーカスでの野生動物の使用を止める日がくるでしょう。

World Animal News元記事⇒ Breaking! Scotland Becomes The First UK Country To Ban Wild Animals In Traveling Circuses!

 

関連記事

アメリカのメリーランド州で犬や猫の販売を禁止する法律を制定。

【イギリス初】盲導犬ならぬ「ガイド馬」がデビュー!

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC ホワイトタイガー 1 acworksより

スポンサーリンク