• 2018年 11月 20日

攻撃的な「雄牛」に近づかないように警告。

スポンサーリンク

猛獣が管理されていたところから逃げた・・・。

イギリスのスコットランドで農場で管理されていた「雄牛」が逃げ出したという報道がありました。

一歩間違えたら大怪我をしかねない状況。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

警察は、スコットランドの農場から逃げだした「攻撃的な雄牛」に近づかないように警告しています。

この動物はドライメンの小さな農地から逃げ自由になる。

カラ・オニール

2018年2月15日

スコットランドの農場から牛が逃げ出し、警察は地元住民に‘激しい’獣に近づかないように警告しています。

この動物は、ドライマンの小さな農地から逃げ出し自由になった後、徘徊しています。

雄牛の現在の居場所は特定されておらず、警察は「自然の中で、さらに攻撃的になっているだろう」と述べています。

声明の中で、スコットランドの警察は、こう述べました。

「フォースバレー警察がトロッサツ国立公園の中にあるドライメン村付近の農場から、牛が逃げ出したと報告があり、現在捜索中です。」

「雄牛は、2月15日の火曜日、午後12時15分ごろドライメンにあるガルトネス道から逃げ出し、現在行方がわかっておりません。」

ドライメン地方は動物に近づかないように警告しています。

雄牛の現在の行方はわかっておりません。

「警察と農場スタッフは、現在雄牛を追跡しています。しかし、動物は自然の中で攻撃的になると考えられるので、近づかないように勧めています。

誰かこの付近でこの動物を見かけた方は、すぐに101に電話をし、2月15日の事件番号1356番に連絡してください。」

「こちらが、動物の適切処置に対応してくれます。」

Mirror紙元記事⇒Police warn people not to approach ‘aggressive’ bull with volatile nature after it escaped from Scottish farm

 

関連記事

サーカスで野生動物禁止!?スコットランドがイギリスで初めとなる法案を制定。

【イギリス初】盲導犬ならぬ「ガイド馬」がデビュー!

トップ・アイキャッチ画像引用元:YouTube BUFFALO VS LION FIGHT : LAST MAN STANDINGスクリーンショットより

スポンサーリンク