• 2018年 7月 22日

「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある?

スポンサーリンク

冬になると毎年流行するインフルエンザ・・・。

学校が学級閉鎖になったり、仕事を休まなければいけなかったりと一大事になるある意味「定例行事」みたいになっております。

そんな「インフルエンザ」と名の付く病気は犬や猫の世界にもあります。

アメリカのコーネル大学の獣医学部では「Canine Influenza – Can It Affect Your Cat?」という題名で犬インフルエンザが他の動物に与える影響について言及しています。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

2017年6月

H3N2犬インフルエンザはもともとイリノイ州シカゴで2015年に大発生しました。

それは数千頭の犬を病気にさせ、ほかのいくつかの州にも伝染しています。

官公庁は、先週フロリダ州でウイルスが初めて出現したことを確認しました。

この最近の大流行を受けて、当社のパートナーであるアニマルヘルスのバーカー研究所は、犬のインフルエンザの事実記録を作成、ペットの所有者がウイルスをよりよく理解し、ペットにどのように影響を与えるかを支援します。

初期の流行以来、アメリカの猫はH3N2に感染することが時々ありました。

犬が病気になったら、獣医に連絡してください。

多くの異なるウイルスや細菌は、インフルエンザを似たような症状を引き起こします。

もし犬が病気の場合は、他の犬から隔離して保育してください。

予防措置として、同じように猫からも遠ざけておくのがベストでしょう。

5~7日間の自発的な隔離は、犬の呼吸器疾患の伝染を防ぎますが、H3N2インフルエンザの犬は21日間、他の動物から隔離されるべきです。

あなたの獣医は必要なサンプルを入手し、獣医診断検査室に提出して、病気の原因を特定することができます。

コーネル大学獣医学部、猫の健康情報元記事⇒Canine Influenza – Can It Affect Your Cat?

関連記事

もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも!

ペットが病気の時、飼い主も精神的に苦しむことが証明される

トップ・アイキャッチ画像引用元:Photo AC my beloved dogs

スポンサーリンク

3 Comments

  1. デルタ航空、犬を預け荷物として受けつけなくなる | ペット暮らし
    2018年3月15日 at 10:19 AM 返信

    […] 「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある? […]

  2. アジアでしか確認されなかった猫麻疹ウイルスがアメリカで確認される | ペット暮らし
    2018年3月29日 at 9:16 AM 返信

    […] 「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある? […]

  3. 失踪した犬が10年後に戻ってきた。 | ペット暮らし
    2018年7月4日 at 11:25 AM 返信

    […] ・「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある? […]