• 2018年 11月 20日

もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも!

スポンサーリンク

人間同様、動物も生きていれば病気をすることがあります。

猫の世界では「猫伝染性腹膜炎(FIP)」という不治の病があり、獣医師、研究者、飼い主も猫自身と同様頭を抱えています。

アメリカのニューヨーク州にあるコーネル大学の獣医学部では動物の健康情報についてweb上にコラム、ブログを掲載しています。

「もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)治療が現実になるかも!」という表題で情報を発信しています。

日本語で訳しましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

2016年5月

我々は、現在治療法がないとされている、猫にとって致命的な猫伝染性腹膜炎(FIP)に効く抗ウイルス薬の使用を調査した最新の研究の結果に喜んでいます。

カンザス州立大学、ウィチタ大学カリフォルニア大学デイビス校の研究者らは、FIPに感染した8匹の猫に薬物XXXを投与しました。

8匹のうち、6匹が生存したのです。

研究室の検査では、これら猫の臨床的改善に対応するいくつかの病気指標の進歩が見られました。

この結果はXXXが感染した猫にウイルスが複製するのを阻止し(新しいウイルスを作成する)、そして試験した用量で、比較的安全であることを示唆しています。

まだ多くの研究が行われる必要がありますが、これらの結果は奨励的であり、この恐ろしい猫の病気に対して実行可能な治療の将来性を期待しています。

FIPについての研究論文はこちらをクリック。

コーネル大学獣医学部、猫の健康情報元記事⇒FIP treatment might soon be a reality

関連記事

ペットが病気の時、飼い主も精神的に苦しむことが証明される

減量に成功!ダックスフンドの肥満ヴィンセント君、生活を楽しむ

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC acworksより

スポンサーリンク

4 Comments

  1. 「犬のインフルエンザ」猫にも影響を与える可能性がある? | ペット暮らし
    2018年3月6日 at 8:41 AM 返信

    […] もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも! […]

  2. アジアでしか確認されなかった猫麻疹ウイルスがアメリカで確認される | ペット暮らし
    2018年3月29日 at 9:16 AM 返信

    […] もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも! […]

  3. マンハッタンにある猫の収容所でインフルエンザが大発生 | ペット暮らし
    2018年4月11日 at 10:09 AM 返信

    […] ・もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも! […]

  4. 猫ひっかき病―あなたは危険にさらされている!? | ペット暮らし
    2018年4月15日 at 9:43 PM 返信

    […] ・もうすぐ猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療が現実になるかも! […]