• 2020年 11月 26日

犬に薬を飲ませる方法(錠剤編)

スポンサーリンク

犬を飼育しているとワクチン接種や予防関係で動物病院を受診することも多くなります。犬に薬を飲ませるのは病気のときだけではなくフィラリア症の予防薬も錠剤で処方されることがあります。犬は薬でも気にせず食べてしまう犬、ドッグフードに入れると食べる、薬だけ飲まない、おやつなどに入れて飲む犬など様々です。中には丁寧に周りのおやつだけを食べて薬だけは断固として飲まないという犬もいます。
ここでは犬に錠剤の薬を飲ませる方法についてご紹介します。

犬に錠剤の薬を飲ませる時の準備とは?

犬に錠剤の薬を飲ませる時に特別準備するものはありません。カプセルなどの喉に付着しやすいタイプの錠剤であればスポイトなどを用意しておきましょう。

このスポイトは錠剤を上手に飲み込むことができない場合に口に少量の水を流し込むことで飲み込むことを促す時に使用します。基本的に錠剤を飲ませる時にはなくても問題ありません。

犬に錠剤のお薬を飲ませる方法は?

犬に錠剤の薬を飲ませる方法は、直接手のひらに載せ犬自身で飲んでもらう方法、ドッグフードに混ぜる方法、おやつに入れる方法、直接口に入れる方法があります。
直接口に入れて飲ませる方法の手順についてご紹介します。

  1.  まず犬をお座りさせます。1人で行う場合は自分のお臍と犬のおしりがくっつくように座らせるとやりやすいです。
  2.  利き手ではない方の手を使い親指と人差し指で上の犬歯を持ちます。
  3. 錠剤を利き手の親指と人差指で持ち、他の指で下の前歯を持ち口を開きます。
  4.  口を開いたら下の付け根付近の薬を入れます。
  5.  薬を入れたら素早く口を閉じ斜め45度上を向かせて喉を優しくさすります。

ゴクリと喉を鳴らしたら犬を放し飲み込んでいるのを確認しましょう。
直接口に入れて飲ませる方法はスピードがとても大事です。犬は口を無理やり開かされることを嫌がり暴れるので、錠剤を袋から出して用意するなどしっかり準備してから行いましょう。

犬に錠剤の薬を飲ませる時のポイントは?

犬に錠剤を飲ませる時の注意点は失敗しても怒らず、成功したら褒めてあげることです。犬が薬を自分で飲めるか飲めないかというのはとても重要な項目です。

年を取ると病気にかかる可能性も高くなります。錠剤を飲んだことを褒めると犬は嫌がらずに飲んでくれるようになります。

万が一病気になった時にお薬を自分で飲めるということは飼い主さんの負担も軽減することができるため、褒めながら与えていずれは自分自身で飲むことができるようしつけていきましょう。

さいごに

ここでは犬に薬を飲ませる方法についてお話しました。嫌がる犬に薬を飲ませるのは大変ですが、直接口に入れる方法はなれると簡単にできます。

動物病院から薬が処方されたけれど飲ませることができないと諦めずに挑戦してみましょう。

難しくてなかなかできない場合は一度かかりつけの動物病院に連絡し相談することをおすすめします。

トップ・アイキャッチ画像引用元: 朱と笑むさんによる写真ACからの写真  

関連記事

・愛犬のための病院選びのコツ

・子犬の頃からの歯磨きの習慣の大切さ

スポンサーリンク

One Comment

  1. Mada Byrle Cartan
    2020年8月10日 at 7:58 AM 返信

    Hallo und vielen Dank für dieses Blog ist eine wahre Inspiration .. Mada Byrle Cartan