• 2018年 11月 20日

犬の歯磨きの方法

スポンサーリンク

犬とコミュニケーションを取っている時に「うちの愛犬、口が臭い?」と感じることはありませんか。

人間同様、犬も口のケアをしないと歯周病などになり放置することで全身性の疾患を引き起こす可能性もあります。

そうなる前に、歯磨きを毎日行うことが重要で、ここでは犬の歯磨きの方法についてお話します。

スポンサーリンク

犬の歯磨きをする前の準備は?

犬の歯磨きをする前の準備は歯ブラシと犬用歯磨き粉ぐらいで、特別なものは必要ありません。

歯磨き粉も必ず必要というものではなく、歯ブラシで歯に付いた歯垢歯除去する事ができるので、なくても問題ありません。

ただ、犬用歯磨き粉は犬が好きな味にしてあるため初めて歯ブラシに早く慣れるために使うなどの方法もあります。

歯ブラシと歯磨きを使用して行う歯磨きの方法は、犬が歯磨きに慣れてからになるので慣れるまでは歯ブラシではなく、ガーゼなどを手に直接まきつけて歯を直接こすり、歯垢を取り除きましょう。

歯ブラシや歯磨き粉は動物病院などでも購入する事ができます。

さらに、歯磨きは歯垢歯除去できますが、歯石は除去できません。

歯石になってしまってからは動物病院で処置してもらう必要がありますので、犬の口腔内ケアに悩む場合は一度動物病院で相談してみるのもいいかもしれません。

犬の歯磨きの方法

犬の歯磨きの方法はまず口の中のチェックから始まります。

口の中を見て、傷やできものなどないかなどを確認します。

犬を寝かせた状態で口の端から歯ブラシを差し込みます。

歯ブラシを差し込むと犬は歯ブラシを噛むことがありますので、ブラシのプラスチックの部分を噛ませないように注意しましょう。

歯ブラシは45度の角度で歯と歯茎の部分をこするようにします。

この際に、力強く擦ってしまうと歯茎から出血する事がありますので優しく歯茎をマッサージしながら、歯と歯茎の間を擦っていきます。

歯磨きを嫌がる場合はどうしたらいいの?

歯ブラシを使用して行う歯磨きは、あまり嫌がらない犬で実践する事ができますが、歯ブラシを使用して行う歯磨きを嫌がる場合はどうしたらいいのか、困ってしまいますよね。

歯ブラシを使用せずに歯磨きを行う方法は、「ガーゼ」、「軍手」、「歯磨き用のおもちゃ」、「歯磨きガム」などがあります。

ガーゼや軍手を使用する方法は手にまきつけて直接犬の口の中を掃除する方法です。

手を直接口に入れるので噛まれてけがをすることがあります。

しっかり口に手を入れる事に慣れさせておきましょう。

歯磨きガムや歯磨き用のおもちゃなどを使用する場合は犬に渡すだけなので、どうしても口周りに触らせてもらえない、嫌がり過ぎて何もできない場合などはグッズを活用しましょう。

さいごに

ここでは犬の歯磨きの方法についてお話しました。

犬の歯磨きは歯ブラシや歯磨き粉などを準備し行うこともできますが、家にあるガーゼや軍手などを使用して行う方法もあります。

犬が嫌がらずに行うことが歯磨きを持続するコツなので、犬の様子を見ながら歯磨きグッズなどを活用してみてください。

 

関連記事

犬の予防注射の方法と費用

犬の「しつけ」について

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC my beloved dogsより

スポンサーリンク