• 2017年 10月 19日

ペットブームだから入りたい!犬、猫「ペット保険」の値段を徹底比較。

スポンサーリンク

30683947 - dog and cat on white background wearing glasses

生き物を飼っているということはいつも、病気の心配と隣り合わせです。犬猫だけに限りませんが、動物病院での治療はとても高いので、手術などになったら〇〇万になる可能性もあります。それで飼い主の多くはいざという時に備えてペットの保険に入っています。といっても多種多様なので選ぶのは困難ですよね。今日はペット保険のいくつかを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク


ペット保険ってどんなもの?

飼っているペットが病気や怪我をした時にかかった費用をカバーし、また第三者を傷つけた時に損害を補償したりします。

犬猫などの動物には保険がないので、治療を受けた時の費用はかなり高額になります。もしペット保険に入っていれば安心して十分な治療をうけさせることができるので飼い主にとってはとても大切です。

保険を選ぶ際のポイントは、例えば保険料が毎年変わるところもあれば、3年ごとに変わる、新規加入のときのまま変わらないなど、またどのペットに保険が適用されるなど保険会社によって大きく異なります。さっそくみてみましょう。順不同です。

うちの子ライト(アイペット損保)

対象動物は犬猫です。入れる年齢制限は12歳11か月までです。

クレジット払いOKで年払い月払いが選べます。特徴はその安さ!

保険料は猫0歳の場合月々780円から、犬1歳の場合月々990円からです。*犬種、猫種によって金額が異なります。

二つ目の特徴は、入院手術費用の90%を補償してくれます。

手術一回当たり50万円までを二回まで補償し、手術を含め入院も10日まで補償しています。

ただし、かかった費用が3万円以下の場合保険金はでません。3つ目の特徴はWEBで申込みするなら月々の保険料が10%割引になります!

※ホームページはこちら⇒うちの子ライト(アイペット損保)

アクサダイレクト いぬのきもち保険 ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

対象動物は犬猫です。加入年齢は満13歳まで。クレジット払い、口座振替OKで、年払い月払い選択できます。

プラン50とプラン70があり、それぞれ通院・入院手術費用の50%、70%を補償してくれます。

日数、回数制限がないので病気にかかりやすいペットを持っている方におすすめです。

プラン50の場合保険料は犬なら月々1470円から、猫なら1210円からです。*犬種猫種によって金額はことなります。

さらに24時間365日獣医師による健康相談を無料で受けられるサービスがついてきます。かかりつけの動物病院が休みの日でも安心ですね。インターネットで申し込むなら初年度は3,000円の割引が付いてきます!

※ホームページはこちら⇒アクサダイレクト いぬのきもち保険 ねこのきもち保険

うちの子(アイペット損保)

対象動物は犬猫です。加入年齢は満13歳まで。クレジット払い、口座振替OKで、年払い月払い選択できます。

プラン50とプラン70があり、通院入院は一日最高12,000円まで補償、プラン70は入院一日30,000円まで補償されます。

*年間22日までの制限があります。

手術の場合プラン50は一回最高10万までプラン70は15万円まで補償されます。*年間二回までです。

特徴としてはアイペット対応動物病院での会計の際、保険証提示をすれば簡単に窓口清算ができ、後々の保険金請求が不要という手間なし!

※ホームページはこちら⇒うちの子 アイペット損保

どうぶつ健保ふぁみりぃ(アニコム損保)

対象動物は犬猫です。加入年齢は7歳11か月まで、クレッジット払い・口座振替OK、年払、月払が選択可能です。

プラン50は犬の場合月々2,450円からプラン70は月々3,270円からあります。

猫は2,500円からと3,330円からです。通院入院はプラン50一日あたり最高10,000円まで、プラン70は14,000円までです。*年間20日まで。

手術はプラン50の場合一回最高10万円まで、プラン70の場合14万円までです。*年間二回まで。嬉しいのは診察費の50%70%を支払限度の範囲内でしはらってくれることです。

例えば診察費総額が22,000円で19,500円が保険の対象の場合、その70%は13,650円なので、一日の支払限度額14,000内ということで13,650円の負担をしてもらえるので、飼い主の負担は8,350円ということになります。

また「どうぶつ健保」対応病院の場合保険証を提示するならそこで保険金の請求が完了します。

※ホームページはこちら⇒どうぶつ健保ふぁみりぃ アニコム損保

見てきたように、さまざまな商品が保険会社によって用意されています。よく病気にかかるペット、そうでもないけれど将来にそなえたいなど、まだまだたくさんの保険会社の商品があるので資料請求などをして調べてみてください。

関連記事

ペットブームでも特に「猫」ブーム!猫は優秀なハンター!

掃除機を怖がる犬、好きな犬、戦う犬などの動画!!

トップ・アイキャッチ画像引用元:版権: websubstance / 123RF 写真素材

スポンサーリンク

2 Comments

  1. 複数の猫を飼う場合に仲良くしてもらう方法 | ペット暮らし
    2016年10月7日 at 10:29 AM 返信

    […] ・ペットブームだから入りたい!犬、猫「ペット保険」の値段を徹底比較。 […]

  2. 犬の防災マニュアル(避難グッズ編) | ペット暮らし
    2016年10月8日 at 1:11 PM 返信

    […] ・ペットブームだから入りたい!犬、猫「ペット保険」の値段を徹底比較。 […]