• 2017年 8月 22日

イギリス発!犬の健康を考えて作られたドッグフード「カナガン」

スポンサーリンク

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

カナガンは、動物愛護先進国であるイギリスで製造販売されているドッグフードで、市販では販売されてはおらず、インターネットでの通販でしか購入するしかないドッグフードです。今回は、カナガンと他のドッグフードではどういった事が違うのかについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


カナガンの主原料

71FvflyyuAL._SL1500_

※画像引用元:Amazon.co.jp カナガンドッグフード チキン(2kg)

カナガンの主原料は、骨抜きチキン生肉、乾燥チキンです。イギリス最高級のストレスがかからないように工夫をして飼育される方法である平飼いキチンを利用しています。消化に良いキチンのミンチを蒸し焼きにして、高タンパク質の乾燥キチンをブレンドしたものをドッグフードに利用されています。タンパク質、ビタミン、リン、心臓病やガンを予防する助け、甲状腺が正常に機能する助けとなるセレンが豊富に含まれています。
その他には、消化率の高いタンパクである乾燥全卵、消化率が高く、食欲を抑える効果があるサツマイモ、各種ビタミンなどがバランスよく配合されています。

カナガンの成分

カナガンの成分としては以下の成分が含まれていて、他のドッグフードよりもタンパク質の比率が高くなっています。
犬は肉食動物なので、炭水化物よりもタンパク質が重要になっているのでタンパク質が多いという事は犬本来の食餌に合わせているといえます。

カナガンの特徴

カナガンは市場での販売を行っていません。その理由としては、カナガンは一度に大量生産をせずに、少量ずつ生産されていて、できる限り新鮮なドッグフードを提供する為といわれています。カナガンは品質テストを行っていて、生産の前後の2回行い、品質の維持を保っていて、原材料の調達先や日時を完全把握できるようにしている為に、安全性は確保されているといえるので安心して愛犬に食べさせる事ができます。
また、長期間、摂取する事で犬の体に悪いといわれる酸化防止剤を含めた人工添加物を使用していないのは、飼い主や家族としては安心して愛犬に食べさせる事ができます。さらに、人では使用しない肉の部分を肉の副産物と呼ばれ、安価である半面、安全性は低い原材料が含まれていません。
カナガンは、食餌性アレルギーの原因になる事が多い穀類が含まれていないグレインフリーのドッグフードです。さらに、穀類は犬にとっては栄養価値がないので、グレインフリーのドッグフードは犬の健康を考えて作られたドッグフードといえます。
また、カナガンは小粒のドッグフードなので、小型犬でも食べさせやすいドッグフードです。さらに、全てのライフステージに対応できるドッグフードなので、ライフステージが変更してもドッグフードを変える必要がないのも、カナガンのメリットといえます。

カナガンの種類と価格

カナガンは2キロ約4000円ほどかかりますが、栄養価が高いので他のドッグフードよりも少量食べさせるだけで十分なのでコストパフォーマンスという面では他のドッグフードよりもいいと言えますね。
カナガンには他のドッグフードのようにいくつも種類があるわけではなく、チキンしかない為にチキンが嫌いな犬やチキンにアレルギーがある犬には使用する事ができない上に、大きさもいくつもあるわけではなく、2kgしかなく小分けで購入する事も2kg以上のドッグフードもないので面倒です。
カナガンはペットショップを含めた市販で購入する事はできなく、通販でしか購入する事ができなく、自宅に届くまでに2~3日かかるので食べさせる際にはなくならないように購入する必要があります。

まとめ

ドッグフードを選ぶ事は飼い主や家族にとっては大きく悩む事柄を1つであり、さらに市場には様々なドッグフードがある事も悩みを大きくする理由です。
市場にあるドッグフードが全て良質であれば、悩む必要はなくなりますが、ドッグフードの中には悪質のドッグフードがある為に愛犬の為に安全性がより高いドッグフードを与えたいと飼い主や家族としては思うものですね。
数多あるドッグフードの中でもカナガンは安全性が高いドッグフードといえます。

関連記事

費用や普及率は!?犬、猫、ペットの「マイクロチップ」について考えてみよう!

犬は、どうして雷を怖がるの?

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC Kyaraより

スポンサーリンク