• 2021年 1月 24日

ペットシッターを利用する際のメリットとデメリット

スポンサーリンク

156f267bd3058fd1f0e00042f282cfe2_s

犬の散歩などの世話ができない場合に、犬の世話をしてくれるペットシッター。

ペットシッターは、どういった事をしてくれるのか、利用する際のメリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

今回は、ペットシッターを利用するメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います

スポンサーリンク

ペットシッターとは?

ペットシッターとは、ペットの世話をしてくれる人の事です。

国家資格はありませんが、認定資格があり、これが無いと開業する事も出来ません。

ペットシッターとして働く事に資格は必ずしも必要ではないようです。

飼い主が行う世話のできない部分や不足する部分を補うために利用するようです。

ペットシッターが世話できる動物は各々違うようですが、主に犬、猫、小動物の様です。

犬では小型犬~大型犬まで、小動物はペットシッターによってばらつきがあるようです。

特に犬の種類の中には人よりも大きい超大型犬もいますので、事前に確認してから利用した方が間違いないと思います。

世話の内容

主な仕事内容は、散歩・食餌・トイレ掃除・ブラッシング・遊び相手・健康チェックなどです。

サービス内容は事前の打ち合わせの段階でいつもの世話の仕方を言っておくとペットにとっても負担が少なくなると思います。

一日中いるのではなく、1日1~2回自宅を訪問して世話をしてくれるようです。

飼い主が在宅している時にも散歩だけのサービスもしてくれるようです。

ペットシッターを利用するメリット

ペットシッターを利用するメリットとしては、自宅で普段に近い環境で世話できるので、環境の変化に敏感なペットには安心ですね。

人でもそうですけど、急に環境が変化すると急に元気が無くなったり、食欲が落ちたりする事があります。

さらに、依頼したい仕事だけを頼める為に比較的安価に抑える事ができます。

事前の打ち合わせで、飼い主が行ってほしい世話だけを依頼する事ができる為に飼い主としては安心します。

ペットシッターを利用するデメリット

ペットシッターを利用するデメリットとしては、ペットシッターは1日数回と時間で世話するので、ペットホテルのようにいつもそばに誰かいて様子を見る事ができません。

また、ペットの不慮の病気などの対応に時間がかかる場合もあります。

常にペットを見る事をできないので、緊急性のある対処が必要な時に対応が遅れる事もあります。

もちろん、それを事前の打ち合わせにおいて詰めておく事も出来ます。

さらに、飼い主が留守中に世話を行う事がほとんどなので、鍵を預ける必要があります。

そのために、信頼できるペットシッターかどうかチェックを行い、打ち合わせを綿密にしなければなりません。

ペットシッターは在宅でも愛犬の散歩だけであれば利用する事も出来ますが、基本的には留守中の世話を行うので、ペットシッターとの信頼関係を築く事も必要です。

信頼できるペットシッターを見つける

ペットシッターのメリットとデメリットをあげてみると、デメリットの方が多くなりましたが、事前の打ち合わせによって飼い主の疑問や不安を埋める事も出来ます。

ペットシッターとの信頼関係を築く事ができれば、飼い主にとってもペットにとっても安心できるものだと思います。
ペットシッターに依頼する前に事前にネットなどを利用し、なるべく信頼できるペットシッターを探した方が問題が起こりにくいと思います。

飼い主にとっても安心して出かける事ができ、ペットにとっても普段と変わらない環境で過ごす事ができれば、ペットシッターを利用する価値はありますよね。

関連記事

セキセイインコの飼い方や寿命は?

犬はなぜ掃除機を怖がるの?そしてその改善方法!

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC 雨のち時々いつか晴れ

スポンサーリンク

One Comment

  1. ペットブリーダーになるには!? | ペット暮らし
    2017年8月23日 at 11:45 AM 返信

    […] ・ペットシッターを利用する際のメリットとでメリット […]