• 2017年 6月 25日

日本犬、四国犬の特徴

スポンサーリンク

日本には様々な地方に日本犬と呼ばれる犬種がいます。映画で日本犬が起用されたり、CMでもよくみかけるようになりました。
ここでは四国犬という犬種をご紹介します。四国犬とはどんな犬なのか特徴や性格など調べました。

スポンサーリンク


四国犬とは?

四国犬とは日本の高知県が原産の日本犬の一種です。昔は「土佐犬」とも呼ばれていたようですが、闘犬の土佐闘犬(四国闘犬)とは別の犬種です。

土佐闘犬(四国闘犬)と区別するために「四国犬」と名づけられました。日本の天然記念物に指定されています。

四国はどんな犬?四国の特徴

四国山地周辺の鹿や猪などの狩る際に狩猟犬として作りだされた犬種です。

野山出の激しい作業員耐えられるよう体力と持久力はあり、高知県の気候に適応し温暖で湿潤な気候でも活発に動き回ることができます。

四国犬は体高46~55cmで体重15~30kg程の中型犬です。

柴犬よりやや大きめのサイズで、身体がっしりとしていて、三角の立ち耳と少しつりあがった眼が特徴的な顔をしています。

被毛があり、日本オオカミとよく似た顔貌をしていおり、間違われ新聞に取り上げられるほどです。

四国犬の性格・性質

野山を駆け巡るほどの体力や持久力を持った犬種であるため、毎日の運動は欠かさないようにしましょう。1日朝晩の1時間程度の運動量を必要とします。

飼い主への忠誠心は他の日本犬同様高く、外から入ってくる者に警戒し攻撃することがあります。

番犬には向いていますが、散歩中などふとした時に他の犬にとびかかるなどの危険性がありますので、他の犬との交流時には気を付けましょう。

しっかりとした躾を行えばとても賢い犬種なので良いパートーなーになるでしょう。

四国犬の飼育方法

聡明で警戒心の強い四国犬の飼育方法はしつけをしながら信頼関係を築き上げましょう。

外者に対して攻撃性もあるため初めて家に来た人にも警戒します。一気に近寄らずゆっくり徐々に慣れていくのが大事です。

急に手を出したり。急に動いたりすると驚いて不意に噛みつくこともあるので注意しましょう。

四国犬の寿命とかかりやすい病気

四国犬の平均寿命は10~12歳前後です。中型犬では平均的な年齢です。

かかりやすい病気はアレルギー性皮膚炎など皮膚の病気です。

他の日本犬同様、皮膚疾患には気を付けましょう。食物アレルギーも引き起こしやすいため、食べ物には気を付けましょう。

ここでは日本犬の中の四国犬をご紹介しました。日本犬の中でも一番日本オオカミに似て近い犬種です。

鹿や猪を追いかけていたことから脚力と体力があるため運動量は多めに取ってあげたほうがいいでしょう。

運動量が足りないと破壊行動や問題行動に繋がり、飼育するのが大変になり近隣に迷惑がかかる可能性がありますので、注意しましょう。

飼育するときはしっかりその犬種の性質とその犬の性格を理解し、無理に押し付けるのではなく互いに歩み寄ることで絆を深めていきましょう。

どんな犬でもきっとあなたの素敵なパートナーとなることでしょう。

関連記事

日本犬ブーム!人気柴犬ブログを紹介(まる、どんぐり、ひかりといちご)

犬に食べさせてはいけない食べ物とその危険性

トップ・アイキャッチ画像引用元:Illust AC こっそり出版さんより

スポンサーリンク