• 2017年 5月 25日

犬に食べさせてはいけない食べ物とその危険性

スポンサーリンク

0e095286ae23fae204baca7b2fd28487_s

犬と人は、違う動物です。なので、人では問題ない食べ物でも犬が食べたら健康被害が出る食べ物があります。たまに人間の昼食や夕食の残りをあげてしまう家族がいますが、とんでもないことです。自分の飼っている犬を大事にしたいならば適切な食事を与えるべきです。今回は、犬に食べさせてはいけない食べ物とその危険性について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ネギ類

犬に食べさせてはいけない食べ物の代表格がネギ類ですね。

ネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという物質が含まれています。

この物質は、血液の成分である赤血球を破壊して、溶血性貧血やハインツ小体性貧血といった疾患が発症しやすくなるといわれています。
致死量に関してはわかっていませんが、大量に摂取すると死亡します。

ネギ類を食べた際に発現する可能性がある症状としては、胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加などがあります。

チョコレート

ネギ類と共に危険とされているのが、チョコレートです。チョコレート自体が悪いのではなく、カカオの香り成分であるデオブロミンが問題です。

デオブロミンが、中枢神経を刺激して、中毒を起こします。また、カカオの含有量が多いほど危険度が上昇するので、ミルクチョコよりもビターチョコの方が危険です。

致死量は、カカオの含有量によっても変わってきますが、一般的には体重1㎏あたり200~500㎎といわれます。発現する症状としては、不整脈、心拍の増加、口の乾き、痙攣、発作、嘔吐、発熱などが発現します。

アボカド

料理に使用する事があるアボカドに含まれるペル人は犬にとって有害となります。また、この成分は皮にも含まれているので、調理後の皮などを犬が食べないようにする必要があります。

食べすぎると、嘔吐や下痢といった症状を発現し、最悪の場合は死亡します。

キシリトール

ガムなどに含まれるキシリトールも危険とされています。犬がガムを食べるという事はありませんが、キシリトールが含まれているものがある場合には注意が必要です。

特に歯磨き粉は要注意です。犬も歯磨きは大切ですが、人用ではなく、ペット用を使用するようにするか、何もつけないで歯を磨くようにします。

キシリトールを口にした場合には、血糖値が低下して、嘔吐や歩行困難、肝不全などの症状が現れます。

生肉

肉食動物である犬の主食といえる生肉ですが、生肉の中にはトキソプラズマという気鋭虫がいる可能性があります。

ただ、加熱してしまえば、死滅するので生肉で食べさせるのではなく、熱を通してから食べさせるようにします。

トキソプラズマに感染すると、体重減少や下痢などの症状が現れ、目の障害も現れる事があります。

骨がついている肉を食べさせることはやめた方がいいです。特に鶏肉は危険です。

鳥類の骨は、空洞で簡単に折れてしまいます。折れた骨が食堂などに刺さってしまうので食べさせないようにします。

野菜

人にとっては健康を維持するために必要な食べ物である野菜ですが、犬は体内でビタミンCを生成できるので、無理に食べる必要はありません。

また、大量に摂取すると、胃腸の負担となり、消化不良の原因になる場合もあります。

ただ、少量であれば、整腸作用など、犬にとっても有効性はあります。

まとめ

犬にとって食べてはいけない食べ物や大量に食べてはいけない食べ物は、飼い主や家族が把握しておく必要があります。特に、室内飼育の場合はつまみ食いをしないように注意しましょう。

関連記事

子犬の頃からの歯磨きの習慣の大切さ

犬をリラックスさせたい人にお勧めな犬のマッサージ

トップ・アイキャッチ画像引用元:photoAC yoshiより

スポンサーリンク

One Comment

  1. 超高級ドッグフード10選 | ペット暮らし
    2016年12月19日 at 2:05 PM 返信

    […] ・犬に食べさせてはいけない食べ物とその危険性 […]