• 2018年 7月 22日

太った猫の体重管理はどうするべきか?

スポンサーリンク

太った猫・・・。

エサを与え過ぎて、太ってしまった猫は見ていて辛いものです。

アメリカのニューヨーク州にあるコーネル大学では獣医学部があります。

世界でもトップレベルの名門校であらゆるジャンルの学問に精通しています。

web上に動物の健康情報を掲載しており、「太った猫の体重管理はどのようにすべきか?」ということについて述べています。

肥満になってしまった猫への対処法を和訳しましたので、ご覧下さい。

スポンサーリンク

以下、翻訳文です。

猫の約30%~40%が増えすぎた体重を抱えて日々生活していますが、最良の治療法は何でしょうか??

最近の獣医学の問題―ジョン・ロフタス獣医師とジョセフ・ワクシュラグ獣医師が、現在の研究が猫や犬の複雑な肥満問題とひどく太った猫を助けるために何が出来るかを明らかにしています。

では結論は?

猫の肥満には運動療法より食事療法

獣医学の治療用減量食は、便利で効果的ですが、運動の推奨は、よく失敗に終わります。

猫の肥満は上昇しており、この増加は人間の肥満レベルの増加との間に平行していますが、ロフタスとワクシュラグは、猫のための水を保持していないことを示す最近の研究を指摘しています。

猫の飼い主の肥満指数(BMI)と猫の体重の間には有意な関連は見られませんでした。

(この研究は犬には当てはまりませんでした。犬の飼い主のBMIは犬の体重に関連しています。)

一方、飼い主の認識は、確かに猫の肥満リスクに寄与する要因です。

猫や犬が太りすぎたり、肥満であるという事実を認識することが体重減少のための第一歩だが、多くの飼い主は、自分のペットが肥満であると感じることが出来ません。

自分のペットの健康状態を認識する

ニュージーランドの著者のサイトを調査すると、ペットの体調をあまり気にかけてないことが、肥満の最大の危険因子であることをしめしています。

猫の体重の問題が認められたら、それに対処する必要があります。

多くの食事療法の選択肢が減量のために利用可能でありますが、獣医学的治療のための減量食は、その使いやすさ、有効性、および栄養バランスにおいて優れている。

国際調査評議会による5つの食事の比較において、ダイエットフードとして使用する場合、市販の減量食に比べて獣医食は、最小限の栄養を満たしていることがわかりました。

それは食事です。

では運動はどうでしょう?

太った猫に運動を推奨することはよくわかるが、猫の体重減少のための運動計画はまったく評価されていません。

活動は増えてきていて、猫の所有者のコンプライアンスの欠如が原因で、「ほとんどの室内猫に大きな利益をもたらすことはまずありません。」と著者はいいます。

コーネル大学獣医学部、猫の健康情報元記事⇒Fat cats: How do management approaches measure up?

関連記事

ペットが病気の時、飼い主も精神的に苦しむことが証明される2

減量に成功!ダックスフンドの肥満ヴィンセント君、生活を楽しむ

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC あとむさんより

スポンサーリンク

2 Comments

  1. 睡眠は大事!猫は一日どれくらい寝るのか? | ペット暮らし
    2018年3月16日 at 9:50 AM 返信

    […] 太った猫の体重管理はどうするべきか? […]

  2. 猫が急いでフードを食べて吐いてしまうのを防ぐ方法 | ペット暮らし
    2018年6月25日 at 8:50 AM 返信

    […] ・太った猫の体重管理はどうするべきか? […]