• 2017年 12月 14日

猫ブーム、ペットブームだから知っておきたいキャットフードの真実。

スポンサーリンク

5bce3f196c15bb7124b682c36636bd6e_s

皆さんのお宅では、猫ちゃんにどんな食事をあげていますか?ちまたには目が回ってしまう程多くの種類のキャットフードが溢れていて、どれにしようか決めるのが本当に大変。決め手は人それぞれだと思いますが、大切な猫ちゃんの為には少しでも美味しくて安全な食事をあげたいですよね。でも、キャットフードに何が入っているのか、ご存知ですか。実は市販のキャットフードの中には、猫ちゃんの寿命を縮めてしまったり、病気の原因となってしまうような成分が潜んでいるんです。では、どんな成分がよくないのか?今回はその一例をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク


安いものにはワケがある

スーパーやホームセンターなどでもお手頃価格で売られているキャットフードですが、やはり安いモノには安く出来るワケがあるんです。
当たり前だとは思いますが、そのワケのひとつは原材料の安さ。でも、その安い原材料の成分に、実は大きな問題があるんです。

人の食べ物も同様ですが、世の中に流通している食べ物には「化学合成添加物」が多く含まれています。この化学合成添加物を使えば、食べ物の賞味期限を延ばすことができたりします。また着色料や香料などを使うと、見た目も香りもすごく美味しそうに仕上がります。
もちろんメリットはありますが、化学合成添加物の原材料には石油からできている物や、国によっては病気の原因だと認められ、使用禁止になっている物もあるんです。
「でも、日本で販売が許可されているものなんだから、大丈夫でしょ」と思っちゃった、そこのあなた。あなどる事なかれ!国が認めているといっても、完全に安全とは言い切れないのが悲しい現実です。

あまりに安いものや賞味期限が長〜いキャットフードには、かなり多くの化学合成添加物が含まれている事実。どんなに有名なメーカー品でも、本当に安心とは言い切れないのです。

これって、どんな成分?

では、改めてキャットフードの成分をチェックしてみましょう。
なんだかよくわからない名前のものが入っていませんか?
すごく簡単に言うと、台所に置いていないものは大体添加物だと思って正解です。その中でも、特に注意して欲しい成分をいくつかあげてみました。

BHA、BHT、BHD

防腐剤としてよく見られますが、実は発ガン性があると言われています。
永久保存が可能という話もあるくらい強力な防腐剤ですが、人間用の食品には使用が禁止されているものです。

エトキシキン

これも防腐剤です。実はベトナム戦争で枯葉剤の原料として使用されていたものだとか。
実はラベルへの表示義務が無いので、一見入っていないように思うのですが、「エトキシキン不使用」などの表示がされていないものには混入の可能性がありものです。

また、添加物以外にもチェックしたいのが以下の材料です。

家禽ミート、ミートミール、肉骨粉、肉副産物など

これらの肉成分の多くは4Dミートと呼ばれているもの。病気で死んだ動物の肉・骨・内蔵など、ゾッとするような原材料です。
いくら猫ちゃんが肉食とはいえ、ちょっと口にさせたくは無いものです。

穀物(グルテン)

猫ちゃんはもともと肉食なので、野菜や穀物などを消化する機能が低いと言われています。
そのため、穀物は食事には不必要で、ただ量を増やすためだけに含まれていることが多いのです。
成分表示は、原材料を重量順に記載してあるため、穀物が一番最初に書かれているものは、それだけ内容量が多いということがわかります。

安全なキャットフードとは?

では、どんなキャットフードが安全なのでしょうか。

安全性を意識したキャットフードを選ぶためのキーワードの一例です。

グレインフリー(穀物不使用)
ヒューマングレード(人間が食べられる基準)
ホリスティックフード(自然由来素材の原材料)
オーガニックフード(有機農作物が原材料)

すべてを完璧にクリアできるものを見つけるのは大変だと思いますが、それぞれのキーワードをもとにしたランキングなどを参考にすると探しやすいでしょう。
とはいえ、例えランキングが1位でも、同じキャットフードばかりでは、栄養は偏ってしまいがちです。猫ちゃんも同じ味に飽きてしまうかも。
猫ちゃんのお食事タイムを少しでも楽しいものにするために、いろいろなキャットフードを与え分けてみるのもいいかもしれませんね。
いかがですか?

安心安全なキャットフードほど、どうしても価格は上がってしまいます。
しかし、安くて危険なキャットフードを与えて続けていると、年をとった時に大きな病気になってしまい、結果高額な医療費がかかってしまうことも。
また、大事な家族が苦しむ姿を見たくはないと思います

飼い猫ちゃんは自分で食事を選ぶことはできません。
大事な猫ちゃんを守るために、飼い主として家族として、しっかりと「食」を見極めて、より長く楽しい生活を共にしたいものです。

関連記事

猫ちゃんと楽しく暮らせる賃貸物件(関東編)

衝撃!!奇跡的に撮れた猫画像10選(Twitter編)

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC YUE_NANAMIより

スポンサーリンク

4 Comments

  1. 超高級キャットフード10選 | ペット暮らし
    2016年9月7日 at 9:52 AM 返信

    […] 猫ブーム、ペットブームだから知っておきたいキャットフードの真実。 […]

  2. 複数の猫を飼う場合に仲良くしてもらう方法 | ペット暮らし
    2016年10月7日 at 10:28 AM 返信

    […] 猫ブーム、ペットブームだから知っておきたいキャットフードの真実。 […]

  3. 猫の写真を上手に撮る方法 | ペット暮らし
    2016年10月21日 at 9:32 AM 返信

    […] ・猫ブーム、ペットブームだから知っておきたいキャットフードの真実。 […]

  4. 猫はどうして集会するの? | ペット暮らし
    2016年12月22日 at 9:59 AM 返信

    […] ・猫ブーム、ペットブームだから知っておきたいキャットフードの真実。 […]