• 2018年 8月 20日

殺処分ゼロを目指す!ペット保護に力を入れている団体、施設

スポンサーリンク

今までも今でも日本では迷子になったり、捨てられた犬や猫が保健所などの自治体に預けられ、猶予期間を経て、殺処分されています。

その現状を変えようと自治体や民間の団体や施設などが協力し、殺処分をゼロにしようと活動し、そのおかげで年間の殺処分の頭数はどんどん減っていっています。

ここでは殺処分ゼロを目指し、ペット保護に力を入れている団体や施設についてお話します。

スポンサーリンク

殺処分ゼロへ!

自治体では2014年度に熊本県熊本市が初めて殺処分ゼロの目標を達成し、次に神奈川県横浜市、北海道札幌市が目標を達成しました。

他にも広島県や東京都なども殺処分ゼロの目標を掲げて努力しているようです。

自治体の努力として、捨てられようとしている犬猫などの動物を正当な理由がない限りが引きとらず、飼い主さん自身で里親先を探すように促したり、保健所にいる動物たちには譲渡会などを開き、保健所から里親先を探すなどを行っています。

公益財団法人 ヒューマニン財団

「公益財団法人 ヒューマニン財団」は人間に安らぎを、優しさを与えてくれるペット達は今もどこかで殺処分されて命を失っています。

そんな現状を変え、動物の命を救い、新しい飼い主さんに送り届ける活動を行っています。

財団では殺処分の対象となっている犬猫の保護を行い様々な活動を行っています。

通常の譲渡以外にも、特別なニーズを持つ方のパートナーとなれるよう育成する「ヒューマニンペット育成プログラム」、日本初少年院で保護犬を訓練する動物介在矯正教育プログラム「ジーマックプログラム」、訪問し癒しと笑顔を提供する「セラピー活動」、ペットの素晴らしさを伝える教育プログラム「教育・普及啓発活動」などを行っています。

この財団では活動賛助会員を募集していたり、継続的な支援やスポット支援が100円から行う事ができます。

famille(ファミーユ)

名古屋で活動を行っていて特定非営利活動法人のファミーユでも殺処分ゼロを目指し活動を行っています。

ファミーユでは行政から犬猫を引きとり、老人ホームへの訪問、小学生などに命の大切さを伝える、ドッグトレーナーの講習会、管理の悪いペットショップやブリーダーへのあり方を問うなど動物愛護の観点からも活動を行っています。

定期的に犬猫の譲渡会を行っています。

ボランティアスタッフや寄付なども随時行っています。

さいごに

ここでは殺処分ゼロを目指し、ペット保護に力を入れている団体を紹介しました。

インターネットなどで調べるだけでも数多くの団体や施設があり、たくさんの動物を保健所から引き取り里親を探しているのにもかかわらず、日本で殺処分ゼロにならないのはお金目的で繁殖したり、後先考えずペットを購入し捨てる飼い主さんがいるからだと感じました。

里親になりたいと思うのはとても素敵な考えですが、いずれ飼育できなくなってしまったなんて事になると元も子もありません。

一度飼育した動物はその命が尽きるまでそばにいてあげましょうね。

関連記事

猫の里親を見つける方法

保健所での犬の殺処分の実態、里親募集や県別ランキング

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC annaより

スポンサーリンク

2 Comments

  1. おすすめペットショップ5選 | ペット暮らし
    2018年5月10日 at 11:32 PM 返信

    […] 殺処分ゼロを目指す!ペット保護に力を入れている団体、施設 […]

  2. アメリカのメリーランド州で犬や猫の販売を禁止する法律を制定。 | ペット暮らし
    2018年6月26日 at 9:16 AM 返信

    […] ・殺処分ゼロを目指す!ペット保護に力を入れている団体、施設 […]